この記事の内容は、は はじま 丸を明確にします。 は はじま 丸を探している場合は、Usa Kairaliに行き、この大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日の記事では はじま 丸を分析しましょう。

大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日新しいアップデートのは はじま 丸に関連するビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

このUsa Kairali Webサイトでは、は はじま 丸以外の知識を更新することができます。 WebサイトUsaKairaliでは、ユーザーのために毎日新しい正確な情報を継続的に投稿しています、 あなたのために最も詳細な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上で最も完全な方法で思考を追加できます。

は はじま 丸に関連するいくつかの内容

撮影日:2021年12月18日(土) 場所:小笠原村父島大根島 機材:Nikon COOLPIX P950 母島丸でした。 湾の出口で大きく震え始め、湾を完全に離れた後も前に進むのに苦労しているようだった。 13時頃、私はまだ南島の前にいました。 途中でトイレに行きたかったので「ははまる」が消えるまで見れませんでしたが、湾から出るのに30分かかりました。 かなりの遅れかと思いきや、15分ほど遅れて目的地の母島隠岐港に到着したようです。 私がトイレにいる間、ははまるはすごく頑張ったようです。 途中でひっくり返るかと思ったけど、これだけ揺れてもいける。 』(^^)/ #小笠原諸島 #母島丸

SEE ALSO  鎌達稲荷神社 京都 / Kentatsu Inari Shrine Kyoto | けんた つ 稲荷 神社に関するすべての知識が最良です

は はじま 丸に関する情報に関連する写真

大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日
大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日

視聴している大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日のコンテンツを理解することに加えて、Usa Kairaliが毎日以下で公開している他の記事を検索できます。

最新情報を表示するにはここをクリック

は はじま 丸に関連するいくつかの提案

#大時化の海を行く頑張れははじま丸2021年12月18日。

[vid_tags]。

大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日。

は はじま 丸。

SEE ALSO  3歳【スキーデビュー】滑れるようになるまで | 子ども スキーに関する一般的な情報が最も正確です

は はじま 丸の内容により、usakairali.comがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 UsaKairaliのは はじま 丸についての知識を読んでくれて心から感謝します。

22 thoughts on “大時化の海を行く!頑張れ!ははじま丸 2021年12月18日 | 関連するコンテンツは はじま 丸新しい更新をカバーしました

  1. Major Pygge-Phartt says:

    Look at that, that's the way to travel, stuff flying. I wish there was services like that where I live, instead I have to be stuck on land and it's crap.

  2. うどん says:

    まわりに船全く見えないので、それが恐ろしさを増幅させられました。
    シケ手当てとかあっても宜しいかと感じました。
    乗組員の方に敬意を表します。

  3. Peliatan bidani says:

    これだけ小さい船だと怖いね。昔はわざわざ揺れ狙いの乗船もしたことがあるけど、知床事故以降は怖い。
    ただ、東海汽船系は腕がいいから少し安心だ。若い頃に第二十八共勝丸に一度乗っておきたかった。

  4. InfraredNovember says:

    素晴らしい操船テクニック。目的方向と寄せる波への対応、百戦錬磨のベテラン。

  5. ねずみ色の猫 says:

    小笠原は港を出た途端に大海の真っただ中ですので厳しいですね。
    ここに船を出す船員さんたちには恐れ入ります。
    それにしてもこんな中で外部デッキに出ている乗客と思われる人が複数いるとは!

  6. jose luis mendez says:

    海は小さなうねりを見せており、船首に少し浮き上がっているようですが、恐れることなく進んでおり、風に助けられているようです。 それは人々にとってややでこぼこの旅になるでしょうが、それは問題なくナビゲートします。

  7. 中西正和 says:

    超望遠レンズで撮影されたんですか?乗務員お客さん船酔いされたんですか?大変です

  8. Hahajima ワーイ!母島 says:

    朝、今シーズンのクジラ観察が始まって以来一番の荒れた海で、
    今日の海は観察は無理〜!と判断😓
    久々の。。(台風以外で)海の様子で、ははじま丸、こんな中でも来るのカナ〜と思ってました。
    ジャイアンから、係留のロープが切れた!と聞いていたので、
    思わず、この動画を家族で見入ってしましました😰
    こんなにも荒い海の中を、航行してくれたんですね。
    有難いけれど、、とっても心配です。

  9. Diesel Dave Trains says:

    Despite the inclement weather it's still a beautiful location. Chief Cook would be finding the going a little tough in the galley? O-Bento box lunch!

  10. 矢せいじ says:

    母島の人達のため、簡単には欠航にはできないという気概が感じられる映像でした。

  11. Mike Bent says:

    Abosolutely super!!! What would I have given to be on board on that lively passage to Hahahjima!!!! Memories of the Bristol Channel in the 1970s . . .

  12. Dennis Tani says:

    Yes, the ocean can get pretty rough, that's why I prefer airplane travel if possible. Here in Okinawa, we have many local ferry types of ships going to other islands. Of course, mainland Japan has ferry ships going all over the country.

  13. naohide nozaki says:

    朝、二見港を出ていった共勝丸もこの様な状況を頑張って鳥島あたりまでずっとガブりの連続だったんだろうと思います、年内最後の航海、あとひと踏ん張り御安航をお祈りします。

    はは丸、普段は湾を出てすぐに南へ野羊山の近くを廻って小港沖から南島の西側へ最短ルートを取りますが、今回は北西からうねりと風が来ていたので岸に押し付けられるのを嫌って陸からわざと離して大廻しています。
    もし万が一エンジントラブルなどが発生した場合、このような海況で岸近くを航行していた場合すぐに座礁してしまいます、沖に出ておけば流されても座礁するまでの時間が十分にとれるのでその間に修理などの対応をする時間がとれるのです。

    湾口から西に進み、4:40もういいかなと舳先を南に向けますが、思い直してもう一度西へ向かい十分に沖に出てから6:05進路を南に変えたようです。
    遅れの大部分はこの欠くことの出来ない重要な迂回に要した時間じゃないでしょうか。

    この場所は例のライトが有る崖上、それともmama cha様が仰っていた旧墓地の先、見晴よくなった場所でしょうか。

  14. まーくん says:

    凄い荒れてますね、こんな状況下でもいつもと変わらない業務される皆様ありがとうございます。kerozae mon様も生理現象と言う悪コンディションの中お疲れ様でした。

  15. 。 mike says:

    こんなに時化ってたんですね
    母島のライブカメラを見てましたが、ちゃんと14時40分に着岸してました
    当たり前なんでしょうけど、船の船長さんって本当に流石だなって思います

  16. BoninGIAN says:

    母島接岸中に係留ロープが一本切れました。
    そんな中、航行して人と荷物を運んでくれて、感謝です(#^.^#)

  17. 米谷 進 says:

    本日のははじま丸こんなだったんですね😨

    本日の小笠原丸も40分遅れと島内放送で聞いてビックリですがよくこんな中ははじま丸母島到着したと思います。

    しかしそのおかげで本日食材調達出来ました🙏

  18. 2 % says:

    この冬一番の厳しい気象条件と天気予報で聞きました。 その影響でしょうか? 
     しかしながら、厳しい条件で航行する船舶を見て、私は御安航を願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です